ラブラドール日和

お友達あつまれ!うちの黒ラブ小僧と遊んでくれるわんはおりますか。 お調子者の食欲魔人です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

母の覚悟・後半

レッドものが出てしまったバスキア。

前に書いてるものの続きです。(下↓↓のそちらを先にドウゾ)

勇気いりますが。


顔も見たことない方々に、どうやったらあまりに汚辱・なカンジにならず、軽やかにこんな内容伝えられるのか。
どうやったらバスキアをカワイイと思ってもらえるままで、ありのままもご紹介できるのか。

課題です。



さっきやっと右下欄にリンクいっぱいさせてもらったばかりなのに(泣)。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、断らないでクダサイ。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



こんな内容は、笑って頂きたい気持ちだけで書いています。
犬の去勢の問題等は別で真面目に考えておりますので、
どうぞそれらを混合したご批判は、お控えくださいますよう、お願い申し上げます。
ご不快に感じられる方がおられましたら、
どうぞここまででご遠慮いただいたほうがよろしいかと存じます。
ひどい内容ではないつもりですが、個人の感性を尊重したいと思い、
断り書きを入れさせていただきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



で、てぃんこなんですが。(遠慮なしに)

これがね、始まったのが、8時過ぎだった。

イヤな汗かきながらそれを見守ること10分。


ベッドを確認したところ、ジンくん母の言うところの、「ビシャっとしたモノ」が、
付着しておりました。わりにサラっとした感じのが。

観察したあと、手早くすべてを洗濯機に投げ込み、洗剤多目でゴーっと。


なるべく考えたくなかったんですね、深く。
しかも今日はそんな液体たいした問題じゃ、ないんです。



   くるっと向き直れば、そこにはまだ身体の強張った犬が。


「助けてください、、、」みたいな目をしてこっち見てます。

レッドは、そのまま。もう5本目の足か!というほどでかい。

見れば見るほどいやんなってきました。


ていうかもう15分もこのまま!
なんか空恐ろしいんですけど!!

カチカチいう時計の音だけが、急に暗くなった感のある部屋に響きます。

、、、、、、、、、お酒飲んだのが悪くて、アレ戻らないのかしら、、、?

急にもうれつに心配になってきました。

病院に行かなければ・しかしあと5分待とう。

夜間だし、電話しなければ。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。


T病院は、ここから約2km。

普段なら散歩でも、どうってことない距離ですが、


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。



レッドなシロモノが足かというほどべろんちょなデカ犬を、

夜道を2km、連れて歩く。

強張ってちまちま歩く、25kgの黒犬を連れて、

人目を避けつつ、30分かけて。嫁入り前の化粧落とした娘が。




なにか世界を感じるほど果てしない道のりに思えるのは、気のせいでしょうか。



バスキアはなんとか自力で引っ込めようというのか、べろべろ舐めてます。

しかし努力は報われず、いつもあれほどいろいろしつこいのに、
今回は旗色が悪いのを認めているもよう。

自分になにが起きているのか、おかーさん、教えて!てか、タスケテ!

て顔をしています。

こんな情けない顔、初めて見た。


5分経ちました。
電話をかけるシュミレーションが頭の中を駆け巡ります。

「遅くにすみません、うちの犬のあの、生殖器がですね、出たまま戻らなくなりまして、、、。
30分ほどになります。15cm程度で、赤くてねっこに丸いのが出てます。
連れていったほうがよろしいですか?このまま様子見で大丈夫なんでしょうか、生殖器。

、、、なるべく事務的に、こんなシャベリでどうか。
歩けないかも知れない。車がないから犬の救急車にきてもらうならA病院。。。
でもできればTにお願いしたいし、、、連れてければ、、、」

夜道、サラリーマンがたくさん家路を急ぐなか、15cmもレッドを出した巨大な黒犬を連れ、

ごくゆっくりと歩む怪しげな女。、、、通報されるかもしんない。



しかし、隅っこで固まって、訴えるような目でわたしに救いを求めるバスキア、

こいつが頼れるのは、わたししかいないのです、

頼りないこと、言ってらんない!行くわよ、バスキア!


覚悟を決めて、せめて服着せて中に押し込んだらどうだろう←え
とか考えつき服に手を伸ばしたそのとき。


わたしは、ハッと立ち上がりました。



目に付いたのは、化粧水を移そうかと買っておいた、100均のスプレー瓶。

バスキアのすがる視線を受けながら、

洗面台に向かうわたし。




賭けてみようかと。試す価値があるだろうと。

あの夜道を行く前に、できることはすべてして、悔いなく旅立つべきではないかと。
あの、領域には。


スプレー瓶に、冷水を入れました。


バスキアの傍らに膝をつき、




しゅー とひと吹き


すると、レッドが、ビクンと動いた!ようなのです!


冷水を滴らして、バスキアは耐えました。


            しゅー、、、、、、、しゅー、、、、、、、


                みん。みみみ、、、、、みみん、、、。みん。



て感じで、「アレ」はバスキアの黒毛がバラつく、
通常の「犬てぃんこ」と呼ばれる盛り上がりに、吸い込まれていくではないですか!


そして。



勝った。わたしたち、何かに今勝ちました。






最後のひとレッドを、舌べろで押し込むバスキア。

あきらかに顔が明るい。試練は終わった。





やっとお母さんの、かわいいバスキアが、戻ってきたのね、、、。




どこ行っていたのようーーー。
しんぱいしたじゃないよーーう。




熱い抱擁を交わす、母と犬息子。

ああほんとうに、ちょっと泣けた。







あとで冷静になってみますとね、アレ、たぶん時間制で、自動で引っ込むようですね。
たぶん、水はあんま関係ないかもしれません。びっくりしたかもだけど。ティンコが。
お酒舐めちゃったのも、全く関係ないようです。





:::::::::::::   完   :::::::::::::::::::::::::::


見捨てないでください。


↓そしたらあの話・などもUPしちゃう勇気でるかも(まだあるのか)。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

スポンサーサイト

テーマ:レトリーバーと暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/19(火) 21:31:26|
  2. 仔犬バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

母の覚悟・前半

犬的ピンクギャグをときどき入れてます。

格調・高いばっかりじゃ、こう親しみがないっていうの?
(あらいつ高かったかしら?てギモンはスルー)
エッセンスっていうか、人生の避けて通れないなにかっていうか、
要は全角度から、犬を見なきゃね、てことカシラ。

ホラかわいいばかりじゃないから。



まあ結局は友達とバカ話するときは、
こういうのが一番ウケるから。、、、アゲイン?





恥はさらしすぎですが、バスキアまでそんな目で見られたらどうしよう。

、、、、、、、、。空気読めないのも、こういう場合、いいもんですね。
気にしない犬
boru080213_0824~01




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんな内容は、笑って頂きたい気持ちだけで書いています。
犬の去勢の問題等は別で真面目に考えておりますので、
どうぞそれらを混合したご批判は、お控えくださいますよう、お願い申し上げます。
ご不快に感じられる方がおられましたら、
どうぞここまででご遠慮いただいたほうがよろしいかと存じます。
ひどい内容ではないつもりですが、個人の感性を尊重したいと思い、
断り書きを入れさせていただきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








わたし、この出来事だけはほんとうに。
忘れようにも忘れられません。


あれは、バスキアが1歳半になるかという春。
まだ肌寒い宵でした。

わたしは、犬というものについて、あまりに無知でした。

イヤある程度知ってる事柄であってさえ、それが愛犬にまつわるものとなると、
わたしたちはあまりに理性的でないということかも知れません。



わたしが片付けをしてたとき、ちょっとお酒を床にこぼしちゃったんですね。
でもお皿持ってたから、それを台所に置きに行って、ついでに布巾持って、戻ったんです。

そしたらね、バスキアが、床に落ちたお酒、
べろべろ舐めちゃってるじゃないですか!

あああ!! わたしの大声で、バスキアがすっ飛んで逃げました。

ぶつぶつ言いながら拭き掃除して、他のものも洗って、
ついでにその辺も拭き掃除して、本の整理とか始めて
スッカリあの黒犬を無視してたんですよ。

まあこっち来ない隙に、用事しちゃおう、と。



そしたら、案の定、ふとん丸めて頑張っちゃってる気配はしてたんです。

でも慣れてきてたし、あんま気にしない気にしない、と自分に言い聞かせて。

見ると、目が合って、「てへ★」みたいな顔してやめるんですが、
どうせまた見てない隙に始めて間隔短くなるし、
二、三ヶ月にいっぺんくらいだから我慢するかと。

ここはわたしがおとなになって。

むしろすべて見通してはいるがそっと息子の部屋のエロ雑誌無視するお母さんの心境で。

そんな気持ちで。

ああこれも母の愛(違)。


で、本とか読み始めて、そうとう経った頃、さすがに静かすぎるなあ、と気付き。

こんなにわたしを放っておくなんて、あいつについちゃあり得ないですから。

そういえば、いつしか動いてる気配もない。

にわかに焦燥感にかられ、立ち上がりそっと、覗いてみると。



、、、ベッドの向こう側に降りてて、ヘンに動きません。

なんか妙な顔してるし。気配がおかしい。

、、、、、、、ケガでもした??!!


「バス、こっちおいで!」


なんか歩き方がおかしいです。
強張って、腰が妙に上がってます。

カチカチな感じ。いったいなにが?!

焦るわたしの前まで、ようやく来ました。

!!!!!!!




ビックリするほど、ティンコ出てました。

あのね、剥き出しの内臓みたいのが。

もう・ものっそい、でっかいの。



それで歩くとそいつが揺れて直に体に当たるもんだから、あいつ動けないの。

当たると気持ち悪いだろうと思う。

だって気持ち悪いもん。



、、、、、、、、、、、、、、、、。

なにしろハジメテだったので、もう驚愕のできごとでした。

その後の苦労を、後半で書きます。
危うくピンクネタで最長記事書いちゃうとこでした。


ピンクって言い張っていいんでしょうか。

むしろ、レッド。赤剥けレッドジョーク? 、、、A-HA-HA!!




、、、、、、、、、明日も来てくれますか。





にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑見捨てないで

テーマ:レトリーバーと暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/19(火) 19:55:59|
  2. 仔犬バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幼なじみ

バスの幼なじみ、ロン兄貴から、近況が届きました。
      
      どん。
          2ron080212_191048.jpg
去勢手術直後。順調だそう。
この後、なにか変化があるのかな?請うご報告。

というのも、このロンくん(ジャック・ラッセル・テリア5歳)は、
もうバスキアの全盛期もかなわなかった、激走ドッグ。

この写真も、エリザベスカラーでなく、その脚、肩などに目を向けて頂きたいのですが。。

、、、、ものすっごい、きんすじ・ありますでしょ。

全身コレ筋肉。ママいわく「家族に汗臭いっていわれる」というマッチョ。

、、、、、、、、、汗くさい犬?聞いたこと、あります?わたしナイ。

まだ抱いて出かけてた3ヶ月頃でしょうか。
河原で、ロンくんがボールを追ってるところに出くわしたバスキアの反応といったら。
夢中で、わたしの胸を蹴り、腕から飛び降りて転がって追っかけました。

ひとめ逢ったその日から、バスキアはロン兄貴の大ファン!!なんです。追っかけ。

その頃は、ロンくんより少し大きいくらいだったので、8,9kgでしょうか。
ロンくんもびっくりしたでしょうが、カレはボール道をきわめていますので。

まったく無視してボールを追ってはジャンピングキャッチし、ママに渡し、
また投げてもらいたく武者震いしては、腕の動きにクギ付け、脚はバネ、という。
この2歳当時は毎日2,3時間はやってたんじゃないでしょうか。

そんなロンくんのあとをちょこちょこ追いかけてはジャマをしてました。

そのうちワクチンも終わって、本格的に参入。

バスキア4ヶ月頃
ue0502
んまあ生意気。


だんだん無視できない存在へと成長していくのでありました。


バスキアのお友達。minnna20050606_1758_0000.jpg


手前のビーグルが女の子のモモちゃん。バスの1歳下。真中がロンくん。
奥のビーグルがジンくん。バスの1歳上の男の子。
みんな模様があると華やかでいいですね。

ここに3倍ある真っ黒なバスキアが加わって、毎日遊んでました。
これだけ体格差があるのに、快く遊んでくれてありがとう。
おかげでバスキアはとっても幸せな若犬だったと思います。


あれだけ毎日遊んでたのに、その画像がぜんぜんないのは、
もうバスキアをノーリードにしてたら、まったく余裕がないせいです。。

しかもスゴイ動くので、ぜんぜん撮れないし。
ちょっとあったデジカメ画像も、デジカメなくしてしまって。

これは最近送っていただいたものです。大事にします。

バスキアがこれ見られないのは残念。
いつかまた、会いにいこうね!

           行きます。suwari080203_1206~02



ちなみにロンくん、おうちでも、「バスくんいるよ!」と声をかけられると、
ギョッとしたように立ち上がり、きょろきょろしちゃうそうです。
アイツが?!どこに!ron071109_203419.jpg




、、、、、、おうちにいるわけないのに、、、。いくらなんでも



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑友達100にんできるかなっ
 

テーマ:レトリーバーと暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/14(木) 20:11:21|
  2. 仔犬バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ある日、突然に

仔犬のころ、ベッドやソファの下によく潜り込んでました。
こんな頃cyokon0501


怒られるとすっとんで、手が届かないとこ行っちゃったり。
「持ってコイ」を憶えたので、転がり込んだペンとか持ってきてもらったり。←便利

半年過ぎからかな、よく入れるなあ、と感心してたんです。
ちょっとずつ大きくなってるから、本人まだ大丈夫と思ってるんですね。
hamari050911_2237~01

           sofa050905_0728~02

そしてある日、ソレは起こりました。当然ですが。
hamari051208_1830~01

証拠画像!!まさにこの時、出られなくなりました。

出てこなくって長いなあ、と思ってたんですが、やけにこっちを見ている。
そして、「キュン、、、、キュウウ~ン」←悲しげ
めったに鳴かない犬だったので、もうびっくり。

慌てて前足持って、引っ張って出したんですけど。
その日を境に、二度と入らなくなりました。


もういっこあった、成長のシルシは「イタズラ」でした。


昼間シゴト中は留守番させていたので、夜くらい自由にしてたんです。
好きに遊んで、ベッドでもソファでも好きなトコで寝て。
夏暑くなってくると冷たい床を探してキッチンのほうに行ったり。

半年すると、床にモノを置かなければ、まず悪さはしなかったんで、
油断してたんですが。

ある朝。散らばる、小さな破片。

るい・びとんのパスケース、御崩御。
携帯、ガジガジ。
ペン、インクだらだら。

どうやら、立ったら小棚に背が届いて、嬉しくなっちゃった模様。


キッチンに置いておいた小皿もやられました。
立って鼻面突っ込んで卵焼き食べてました。。
もうしっぽブンブンで。

何度かやったら気が済んで、やってはイケナイ・と理解したようですが、
こうして自分の背や、大きさを自覚してくんだなあ、と
母としては感無量でもあり。

感無量すぎて、歯型がついたものそのまま使ってましたっけ。。
(買えないともいう)



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

1週間に1kgづつ増えていったこの頃。
仔犬の生命力というかバイタリティーって、スゴイですよね。

幽霊が出てたおうちに仔犬がきたら、ピタリと出なくなった、
という話を聞いたことありますが、妙に納得できます。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑読んでくれてる方がいるんだなあ。と思えます。

テーマ:レトリーバーと暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/09(土) 19:54:52|
  2. 仔犬バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

さわやかな朝に

今日、とっても嬉しいことがあったんです。
去年引っ越してくる前に仲良くしてた、黒ラブの女の子「ブラッシ-ちゃん」同い年。
のお母さんから、小包が。わああ、懐かしいっ。バスも、くんくんです。
開けてみたら、どん。080206_1007~01

キティちゃんだあっ。初・キティちゃん!かあわいい。ブラちゃんとおそろいだって!!
これでもう小学生に「怖っ」とか言わせないゾ。

立派なスタジャンに「風邪ひかないように」て手紙が、、。
ブラちゃんママ!!ありがとうございます(泣。
バスのこと憶えててくれただけじゃなく、おそろいまで、、。

また荒川行ったら、遊んでくださいね!運転がんばって上手になりまあす!!







と、いう感動の後ですが。


犬下ネタという新しい境地を切り開きつつある当ブログ。
今日はその路線で。

前人未踏なのは踏み込むべきではないからだ、
というささやかな良心の声は、聞こえないことにして。


または誰も作ったことがないものは、
作る価値がないからだ、という偉人の声も、聞こえません。
(誰か忘れたし)

まあ親に見せられないものが、できつつあります。
犬ブログなのに。




今日は、みんな困ってる、♂犬くんの、あの行動。

そう、マウンティング・を取り上げたいと。
まあ犬の下ネタで他になにがあるんだ、と。


《♀ワンコ子をお持ちのお母様がた、ご不快な表現が一部あるかと存じますが、♂犬のオーナーは、責任ある管理が必要であること、重々承知しております。女の子ワンコに深刻な被害が及ぶような所業は許されるべきでありません。このお話での「多少の被害」はお互いの了解があってのことですので、どうか本人たちにも笑い話しであること、ご理解いただければと存じます。》





あと、下ネタていうのも嫁入り前でアレなので、ここは某芸人のコトバを借りて、
「ピンクギャグ」で言い抜けたいです。



うまいタイミングで去勢ができればよかったんですが。
そう、半年~1年といわれる時期ですが。

思えば、初めて片足上げてシッコしたのは、1歳前の秋口でした。
お母さん、感動したわ。(一瞬だけ)

もっと感動したのは、それでも家の中でシート使う時は、
今までどおり腰を落としてチーとしてたの見た時です。



それでね、もうちょっとしたときにね、ある日わたしが台所で忙しくしていたら、
バスキアがベッドの部屋でバタバタしてたんです。


でもひとりで遊んでんならいいかと。
おもちゃ脚に押し付けられて未練がましく足の甲の上に座られたりして、
動けなくなるよりましかと。

思って、放っておいたんです。



で、ちょっと移動したとき部屋の中を見たらば。

我が子・1歳。犬。ラブラドール。


わたしのふとんをいい具合に丸めて腰振って・中。


いいいいいいいいやああああああああああ!!

カワイイのに!bag0501


こんなんだったのに!あれから1年も経っていないのにーー。

早すぎ!早すぎよー。

犬は狼の幼態成熟だっていうなら、もっと幼態でいたらいいじゃないよー。えーん。
わたしたちの関係、今、なにか変わったわ、、、?
つーか見る目が変わったわ!


ショック受けまして。まあオボコじゃあるまいし、言い過ぎですが。
しょせん犬。オモチャや永遠子供なわけではありません。
生き物ですから。むしろナマモノですから。


みたいな話を、さっそく次の日の朝相談がてら、犬仲間のお母さんたちにしていたわけです。
嗚呼犬仲間素敵。

「もうショックで、バスキア、去勢も考えてはいるんですけどねえ」

「そうなのー。うちのは女の子に興味ないのよー。ボールボールで」

だってジャックラッセル・ロンくんはもうボール道の修験者ですから。ほとんど武士道ですから。

「あらあ、うちのジンはしょうがないのよー」

キタ!キマシタお仲間。ビーグルのジンくん。1歳上。
そうじゃないかと。ここはジンくんかと。

「前にね、柴犬のお友達とよく乗ったり乗られたりしてたんだけど」

さわやかな早朝の話題ですな。

「でもこないだはやられちゃった」

まあ。なんですか?

「そのコがね、スゴイ勢いで来て、ひょいって、ジンに乗ったら、すぐ、ビャッ・て」


びゃ?
びゃとは?このサワヤカな秋の朝、緑の中で、
白髪の上品な老婦人から、わたしはなにを聞くことになるのかな?ああ風が青い。


「もう背中が匂って匂って~」

ああやっぱり。


「これがまた、取れないのよ~~」





お母様一同、オオウケでございました。

わたくしはまた今、なにかを失った気が致しましたけれども。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑怒らないでくださると、勇気でます
 (アノ話をUPする、勇気が)



[さわやかな朝に]の続きを読む

テーマ:レトリーバーと暮らす - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/06(水) 11:49:04|
  2. 仔犬バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

ひより

Author:ひより
黒ラブのバスキア3歳。
静岡周辺のあそび場やお友達情報募集中!
のママです。産んだ憶えはないけれど。
趣味は読書と大型犬を少々。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

いつでも里親募集中

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。